〜Life Change〜 画像

脂肪吸引

文字通り、脂肪を吸い取ることをさします。金属製のストローのようなもので、グングン脂肪を吸っていきます。


もちろん、皮膚に刺して吸い取り作業をおこないますので、内臓の周りについた内蔵脂肪は、臓器を触れることは危険なので、皮下脂肪のみの吸引になります。

脂肪がつきやすい、つきにくい体質の方など様々ですが、ダイエットで痩せるのはどうも自分には合わない、一気にくびれがつくりたいという方など、人気の整形手術の一つになります。

部位ごとの吸引

脂肪吸引のほとんどは、自分が気になる部分、部位ごとに吸引を行います。特に、お腹回り、二の腕、フェイスラインといった部分が人気の脂肪吸引の脂肪をとってもらう必要があります。

脂肪吸引の注意点

脂肪吸引での注意点は、脂肪を人工的に吸い取る時に、やはり少なからず皮膚や皮膚を司る小さな血管などを傷つけるため、手術後脂肪吸引した部分が腫れ上がることがあります。

その回復期間があまりに長い場合は、手術中にばい菌などが入りこんだ可能性があるので、どれくらいで腫れが戻るのかしっかりと聞いておきましょう。

また次に挙げられるのが、一度に全身の脂肪を一気に落とすことはできません。手術を行うということは、それだけ体に負担がかかります。

一気に落としたいという気持ちがある患者さんでもここはグッとこらえて、回数を分けなければいけません。

一度に一気に吸引をするような整形外科があるのであれば、その整形外科では手術を避けましょう。


最後に、脂肪吸引をするということは、その部分だけ急に脂肪がなくなるという訳です。そのため、全体で見たときに、アンバランスな体型になる危険性があります。

またお腹を一つにとったとしても、左右でくびれ具合が違うなど、吸引した脂肪の量は、見た目に反映しますので、満遍なく全体の脂肪をとる必要があります。

もし、とてもアンバランスなとり方とされた場合は、そのお医者さんがまだまだ経験が足りなかったと言えでしょう。

そうならないためにも、事前に確認をすることが大切です。

LINK

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3