〜Life Change〜 画像

豊胸の歴史

豊胸とは、乳房を大きくする手術のことで、20世紀半ばに確立された経緯があります。胸を切開してインプラントを施すことで、豊かなバストを形成することになります。

混入されるものには、シリコンジェルから生理食塩水入りのバッグにとって代えられ、安全性の精度が高まっている傾向にあります。豊胸手術を施したあとで行われる「圧迫固定」は、きわめて重要な過程として位置づけられています。

胸部の圧迫固定には、空間の隙間に体液が溜まるのを抑える働きがあり、血腫(血液の滞留によって生じる腫瘍状の塊)の措置として捉えられています。

胸部の圧迫固定には、サポーターによって施されるのが一般的です。

LINK

おすすめ情報をご紹介。

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3